お気軽にご相談ください

TEL.0964-34-3077
MENU

「知識で寿命を延ばす」医学講座|熊本県宇城市の篠﨑内科クリニック

「知識で寿命を延ばす」
医学講座

「知識で寿命を延ばす」
医学講座開催中

突然ですが、皆さんは目隠しで地雷原を走り抜ける勇気をお持ちでしょうか?医学的知識を持たずに人生を歩むことと、目隠しで地雷原を走ることは同じ意味を持ちます。忙しいからと血圧を放置して脳卒中になってから後悔する方は後を絶ちません。食文化が欧米化し、不景気で財布も心にも余裕がない現代においてそのような方はこの先もっと増えると思います。病院に通院しているから大丈夫と思うかもしれません。しかし、それでも見落としがあったり、専門外なのでそもそも診られていなかったりということは決して少なくはありません。

では、どのように身を守るかと言うと「知識」を身に付けるしかありません。そうでなければあなたの命は「かかりつけ医次第」になってしまい、運に身を委ねる他なくなってしまいます。逆に言うと「知識」を得ることで、その先に潜む地雷を予測することが出来るようになりますし、医師と自分自身のふたりで監視員をしていれば危険を察知することは更に容易になります。

そこで当院では皆さんに生き延びる武器となる知識を持っていただけるよう各分野について分かりやすく動画を作成し「知識で寿命を延ばすしのクリ医学講座」としてYouTubeにアップロードしております。

彼を知り己を知れば百戦殆(あやう)からず」と孫氏は言いました。「知識が寿命を延ばす」は決して大げさな表現ではありません。健康寿命を延ばすためにぜひ知っていて欲しいことを動画にまとめましたので、あなたの健康維持に少しでも役に立てていただければ大変うれしく思います。

篠﨑内科クリニック  院長 篠﨑 慶介

しのクリ医学講座一覧

目指せ!死ぬまで元気

寿命と健康寿命(人に頼らずひとりで生きることが出来る期間)を限りなく一致させるためには何に着目すべきなのかについて解説いたしました。

動脈硬化と生活習慣病

動脈硬化は寝たきりに直結する「脳卒中」の原因となります。そして動脈硬化の原因は生活習慣病にあります。動脈硬化と生活習慣病の関係・対策について解説いたしました。

認知症の予防法

認知症は避けようのない疾患、一度悪くなると改善しない疾患だと思っていませんか?認知症を誘発する危険因子を知っていれば予防することが出来ますし、軽度認知機能障害であれば十分に改善する事が期待できます。

骨粗鬆症ってどんな病気?

転倒・骨折は寝たきりの原因の第4位です。しかし、骨粗鬆症は限られた施設にしか検査機器が無いこともあり非常に見逃されやすい疾患です。きちんと治療をすれば改善するのでとても歯がゆい思いをしております。骨折してから診断されても遅いためリスクがある方はまず検査を受けることをお勧めします。

当院の感染対策

当院で行っている感染症対策です。当院には感染症室があり、通常診療の方とは交らない構造にもなっております。ご覧いただければ安心して来院いただけるのではないかと思います。

睡眠時無呼吸の症状

睡眠時無呼吸症候群をご存知でしょうか?息が止まって眠れないので昼間に眠たくなる病気・・・ぐらいに思っていると大間違いです。もちろん居眠り運転で大事故を起こす危険性もありますが、若くても危険な心不全を起こしたり、動脈硬化を悪化させる原因のひとつでもあります。隠れ睡眠時無呼吸の人は非常に多いので、思い当たる方はぜひ検査を受けることをお勧めします。

知れば吸いたくなくなる

現在タバコは死亡原因の第一位です。知れば知るほどタバコが吸いたくなくなると思いますので、喫煙中の方、身内に喫煙者がいる方は是非ご覧ください。

かかりつけ医を持とう!医療システムと矛盾vol.1

複雑になりすぎたこの医療システムを上手に利用するためには「かかりつけ医」は必須です。なぜかかりつけ医が必要なのか、無ければどうなるのか、そして現在の医療システムのどこに矛盾があるのかについて解説しております。是非ご覧ください。

抗生剤を飲んではいけない!?

皆さん、風邪をひいた時に抗生剤を処方されたり希望したことはありませんか?抗生剤は「限られた資源」であり、無意味に消費することは人類にとっての損失です。将来安全に出産することも手術を受けることも出来なくなってしまう可能性があります。その根拠と防衛方法について解説しておりますので、是非ご覧ください。

炎症とは

「炎症」とは何なのか説明できますか?炎症は非常に身近な存在で、様々な疾患に関わっております。ですので、炎症をきちんと理解することは自分の身体をより深く理解できることにつながります。我々が病気の説明をする時に一番多く使用する言葉でもありますので是非ご覧いただきイメージを掴んでいただけると幸いです。

だからぜんそくは恐い

実はとても身近なぜん息について説明しております。喘息はきちんとした診断をされて専用の治療をされなければなかなかコントロールが難し病気です。この動画を見て「私もぜん息かも」と思われた方はぜひご相談ください。